ジャンプスタートできません。 - fcl. (エフシーエル)
page icon

ジャンプスタートできません。

 
 

ジャンプスタートできない

  1. 画面表示が正常でも、気温が低すぎるときは、ジャンプスタートできないことがあります。
  1. 本製品には、さまざまな安全回路が組み込まれています。過電流やショートが発生したなど、一定条件下でご使用されますと、安全回路が働き、使用ができなくなることがございます。異常事態を察知し、本体や対象機器を守るためのリミッターですので、液晶画面が全く表示されない、表示されるけど動かないなど、症状は様々です。上記の使用制限機能は、時間( 1~2時間程度)が経てば解除されます。また、再充電する事で解除できる場合もございます。お手数ではございますが、数時間お待ちいただき、再充電をされましてから、再度ご使用をお試しください。
  1. 下記のトラブルシューティングの手順をお試しください。

「JUMP START READY」が点灯しない

「JUMP START READY」が表示されているか確認してください。表示がない場合や点滅している場合は、クリップを取り外し、最初から接続をやり直してください。下記のトラブルシューティングの手順をお試しください。

「JUMP START READY」が点滅してジャンプスタートできない

 
  1. 接触不良の恐れがあります。一度車両から取り外し再度接続を行ってください。
  1. バッテリークリップの両刃がきちんと接触していない恐れがあります。一度車両から取り外し再度接続を行ってください。
  1. 救援端子に接続した場合、片側が絶縁処理されていないか確認を行ってください。バッテリークリップの両刃が端子に接触していない場合ジャンプスタートできません。
下記のトラブルシューティングの手順をお試しください。

「12V」表示もしくは「24V」表示が点滅し、ジャンプスタートできません

BEAST POWER EVOは、通常自動で12Vと24Vを識別し作動しますが、24V車の場合でバッテリーの電圧が低く15~17Vの場合は、どちらかが判別できず動作できません。 何度かバッテリークリップを接続しなおすことで改善する場合もありますのでお試しください。 点滅表示のままの場合は、車両またはバッテリーに何らかの異常が発生している恐れがございますので、ご点検をお願いいたします。 ※点滅表示の場合は、本体の「12V切替ボタン」もしくは「24V切替ボタン」を使用することはできません。

※トラブルシューティング※

1~4までの流れをご確認下さい。

1. クリップ接触不良をご確認ください。

BEAST POWER EVOのクリップは、バッテリークリップの両刃でバッテリーの端子(ターミナル)を挟み込まなければならない仕様となります。どちらか片刃のみの接触となってしまった場合、安全機能が働きジャンプスタートはできません。こちらは接触不良による事故を避けるための安全機能となります。

センサーのない側の片側だけ接触している場合

バッテリークリップを取り付けても、自動で電源ONになりません。ボタン操作にて電源ONにすると下記の表示にとなります。

・センサーのある側の片側だけ接触している場合

バッテリークリップを取りつけると、自動で電源ONになり、下記の表示となります。
12V/24V出力表示「12V」または「24V」とジャンプスタート可能表示「JUMP STERT READY」の2つがゆっくり点滅します。
バッテリークリップの両刃でバッテリーの端子(ターミナル)をしっかり挟み込んでいることを確認し、再度お試しください。接触不良が解消されると、「JUMP START READY」が常時点灯し、ジャンプスタートが可能となります。
※この内容は2021年2月現在のものであり、事情により変更になる場合がございます。

2. 接続の順番をご確認ください。

電源OFFの状態から、プラス→マイナス順番で接続し、自動でONになることをご確認ください。

3. JUMP START READYの表示をご確認ください。

「JUMP START READY」が常時点灯していない場合は、ジャンプスタートできません。 下記のような表示が正常です。表示をご確認ください。
※12Vか24Vのどちらかが表示されています。 ※画面表示が正常でも、気温が低すぎるときは、ジャンプスタートできないことがあります。 もしくは、車両側またはバッテリー側に異常がある場合がございますのでご確認ください。
また、下記のように「12Vまたは24V」「JUMP START READY」が点滅している場合、ご使用できません。
上記の場合、クリップの接触不良を確認し、あらためてお試しください。
 

4.強制モードをお試しください。

  1. 通常のジャンプスタートと同様にバッテリーにバッテリークリップを接続します。その際バッテリー残量警告表示等の警告表示が表示されていないことを確認してください。
  1. 接続車両のV数と同じV数のボタン(12Vまたは24V)を約3秒程度長押しし、”(12Vまたは24V) JUMP START READY”と、表示がされたことを確認してください。
  1. ”(12Vまたは24V) JUMP START READY”されてから30秒以内にジャンプスタートを行ってください。
    1. ※V数は必ず接続車両と同じV数を選択してください。間違えた場合、車両や本体の破損の原因となります。 ※12Vボタンまたは、24Vボタンを長押ししても”JUMP START READY”と表示されない場合は、本機がバッテリーに接続されていると判断できておらずジャンプスタートできません。クリップがバッテリーターミナルにしっかり接続されているかを確かめてください。
      強制始動モードを使う時は、保護機能が解除されてしまいます。 接続ミス、ショートにくれぐれもご注意ください。
 
 

上記内容で解決しない場合は、問い合わせフォームよりご連絡をよろしくお願いいたします。
※本ページに記載の内容は、変更になる場合がございます。ページの更新日については、ページ上部の『最終更新日』を必ずご確認ください。