<80系ノアのウィンカー>ウイポジ化/2WAY LED - fcl. (エフシーエル)

<80系ノアのウィンカー>ウイポジ化/2WAY LED

今回はNOAHのallbugmania (ore_kulture)様にご協力いただき、フロントウィンカーをfcl.抵抗内蔵ウィンカーポジションLEDに交換していただきました。ウィンカーをLED化すると、昼間でも他の車や歩行者に気づいてもらいやすくなる・キレのある光になってかっこいい!など、メリットがたくさんですが、今回のバルブは、バルブ交換とポジション配線を繋ぐだけでウイポジ化できる優れもの。
通常、純正球からLED化する場合、ハイフラ対策としてウィンカーリレーをLED対応の物に交換したり、抵抗を追加したりする必要がありますよね。抵抗内蔵LEDだから、バルブを交換するだけなので、とても簡単です。他とはちょっと違う愛車になること間違いなし。是非チャレンジしてみてくださいね。

取り付け概要

80ノア後期に乗っているore_kulture(オレカルチャー)と申します。只今、アゲバン進行中!何故かノーマル車では我慢出来ず。やれることは工賃節約も兼ねて自分で弄っています。
今回エフシーエルさんの「抵抗内蔵2色切り替えLEDウィンカー」を取付けてみました。交換手順、取付け後のイメージをまとめました。スモール電源を取る為、配線する必要があります。
使用した道具:敷きマット、M6(10mm)ソケットレンチ、クリップ外し、ニッパー、マイナスマイクロドライバー、養生テープ、ビニールテープ、タイラップ、ワイヤーストリッパ、電工ペンチ、ギボシ端子、電源分岐ハーネス
作業時間:前後交換で1.5時間
作業難易度:★★☆☆☆
作業概要:フロントウインカー交換は、スモール電源のコネクターがヘッドライト下部にある為、フロントバンパー取り出し作業が有ります。 スモール電源のケーブル確認が出来れば、抵抗内蔵なのでウインカーLEDバルブ交換は簡単に行えます
純正ケーブルを傷付けたくなかったので、フロントはオプションカプラーからイルミネーション電源を、リアは電源取り出しケーブルからの電源供給とさせて頂きました。
ギボシ端子取り付け作業が追加になってしまいましたが、LEDバルブ自体は簡単な作業になります。

今回取り付けた商品はこちら

今回取り付けた商品は「抵抗内蔵ウィンカーポジションLED」です。
\アンバー×アンバー/
抵抗内蔵2WAY ウィンカーポジション (T20ピンチ部違い/S25ピン角違い)
抵抗内蔵2色切替ウィンカー (T20ピンチ部違い/S25ピン角違い)
ホワイト×アンバー / レッド×アンバー アンバー×アンバー/フロスティブルー×アンバー
 
 
\ステルスタイプも登場!/
 
 

交換方法

ご注意ください。
  • アンバー×アンバーの配線は黄色ですが、画像はホワイト×アンバーの白色になってる場合があります。なにとぞご了承ください。
フロントウィンカーの交換ですが、電源の取り出し作業の為バンパーを取り外します。その前に養生テープを貼りキズ防止です。
ボンネット開けて赤丸のグリル上部のクリップ4ヶ所を外し、黄色丸の電源コネクターも外します。
赤丸M6(10mm)ボルトと、黄色丸フェンダークリップを外します。(クリップ頭のマイナス溝を縦から横に回して抜きます。)
敷きマットを準備して、バンパー下部左右、赤丸M6(10mm)ボルトと黄色丸クリップを外します。
バンパー下部中央、赤丸M6(10mm)ボルトを外します。
サイドリテーナーからバンパーを外します。
バンパーの爪がリテーナーに引っ掛かっているので、手でバンパーを引っ張りながらやると、引っ掛かってる部分が見えます。矢印方向にマイナスドライバ-で外してやる。これを順々に4ヶ所、左右共同じ作業です。
青丸辺りに、バンパーとヘッドライトの引っ掛かり部分があるので、隙間に手を入れ矢印方向に引っ張ると外れます。
青丸部分で、グリルとヘッドライトも固定されていますが、バンパーを引っ張れば外れます。こちらも左右共同じです。
バンパーの固定は外れましたが、この爪左右2ヶ所でぶら下がっている状態です。
緑丸部分を両手で持ち上げると、爪からバンパーが外れて、取り外し完了です。
スモール電源ですが、ヘッドライト下部の赤丸カプラー矢印の薄緑配線です。
POINT
グレードや型式の違いで、配線の色や配線の場所は異なる場合があります。必ず検電ペンなどを使って、ポジションのプラス電源を探してください。
ここはエレクトロタップで純正配線を傷付けたくなかったので、赤丸(オプションカプラー)から電源取り出しを行います。 ※カプラーは先ほどのヘッドライト下部のカプラー下に有ります。
オプションカプラーから電源(常時、イグニッション、イルミ、アース)が取り出せます。オプションカプラーに接続できるカプラーを購入して、4種類の電源がどの端子かを探し当てて、 それに対応するように、カプラーを組みます。 これで、純正配線をキズ付けずに、オプションカプラーから電源が取れます。今回は電源につないで、スモールと連動するようにします。この配線ですとグレーの配線です。
ウィンカーバルブを交換します。ヘッドライト裏のウィンカーソケットを反時計回りにまわすと外れます。
外れたら純正バルブを取り外します。
LEDバルブをソケットに差し込みます。こちらは無極性なのでどちら向きでも可です。
先ほどオプションカプラーの電源に、LEDから出てる白線にギボシ端子を付けつなぎます。
点灯確認をおこないます。
ウィンカー
ウィンカー
スモール
スモール
確認できたら、付属の防水カバーを引っ張りながらソケットに被せます。
LEDはひねって固定するタイプではなく、押し込むと入るタイプです。ちょっと力を入れて押し込めば取り付け完了。反対側も同じ作業です。後はバンパー逆手順で取り付けて、フロントは完了です。

ビフォーアフター比較

ホワイト×アンバーの比較が気になるという方はこちら

まとめ

商品装着後どんな変化がありましたか?
ずっとやりたかったアンバーのウインカーポジションが取り付け出来て本当満足してます。ポジションの減光感も自分好みで最高、ウインカーの光量は勿論凄いです。
昼間でもバッチリ確認できるし、夜も運転席に座った状態でウインカーが点灯してるのがハッキリ確認できる光量アップ。点滅感も普通のLEDウインカーと違う気がして、消える際、残光してる気がします。これがまたカッコいい。元々ファン付き抵抗内蔵LEDウインカーを付けていたのですが、ファンの音が交換後かなり静かになりました。
ご家族や友人からの反応はありましたか?
ヘッドライトも、ウインカー部がスモール点灯してて全部光ってていいなって、リアも光ってるよって教えたら、更に羨ましがってました。ウインカーにした際の光量で更にビックリしてました。
同車種のオーナー様に一言どうぞ!
ヘッドライトのスモールとライトまで点灯するのに、ウインカー部が点灯しないの寂しく思ってました。取り付け簡単で光って欲しい部分が点灯しするし、純正テールランプも同様、やはり同系車が多い中で手軽にドレスアップして差別化出来る最高の商品だと思います。
以上、80 NOAH後期のオーナーallbugmania  (ore_kulture)様の取付レポートでした!
allbugmania  (ore_kulture)様は、InstagtramやCartune、Twitter、みんカラでも活躍中です。
素敵な投稿が盛りだくさんですので、そちらもぜひご覧ください♪
 
取り付けた商品はこちら
\アンバー×アンバー/
抵抗内蔵2WAY ウィンカーポジション (T20ピンチ部違い/S25ピン角違い)
抵抗内蔵2色切替ウィンカー (T20ピンチ部違い/S25ピン角違い)
ホワイト×アンバー / レッド×アンバー アンバー×アンバー/フロスティブルー×アンバー
 
 
\ステルスタイプも登場!/
 
記事について
  • 商品改良の為、仕様・外観は予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承ください。商品の仕様などは、モデルの変更に応じて、変わります。必ず最新の商品ページをご確認ください。
  • 取付レポートに関しましては、あくまでも取付例となりますので、お車の年式、グレード、仕様によってバルブ形状、取付方法が異なる場合がございますので、予めご了承ください。
  • HIDやLEDは高電圧を発生するため、取付けには大変危険を伴います。取付けの際は、バッテリーのマイナスターミナルを外し、ヘッドライトのスイッチをOFFにした状態で行ってください。
  • お車のグレードや仕様によっては別途バルブアダプター、キャンセラー等が必要になりますので、予めご了承下さい。
  • 記載の情報はあくまで一例となります。取り付けの際に起こった損害や、バルブ形状が異なるなどの責任は負いかねます、予めご了承ください。
 
エフシーエルは、高品質素材の厳選&高い技術力で皆様と一緒に愛車を育てるブランドです。
オンラインショップは全国送料無料・安心の1年保証!商品選びにお困りの際は、お気軽にお問い合わせください。
 
 
記事カテゴリーから選ぶ
 
部位から探す
車種から探す